top of page

旧友と巡る、山口の名物と名所


2023年が始まった。私は卯年なので今年は年男だ。今日は卯年の旧友5人で山口へ観光に出かけた。厄年が5人も集まっているので何かと不安だが楽しむほかない。まず、旅行のファーストステップは腹ごしらえと決まっている。そこで真っ先に向かったのは山口グルメの瓦そばが食べたれる「元祖瓦そば たかせ」だ。熱々の瓦に乗ったそばをシェアして食べるのがここの特徴。瓦そば初心者でも問題ないように、瓦そばの食べ方が記載されているボードが各テーブルに設置してある。人気店ならではの気の使い方だ。




次に向かったのは、山口観光では欠かすことのできない名所「角島大橋」へ車を走らせた。正直ここは何度も来ているが、いつも来るのは夏だから、この時期に来るのは初めて。海が綺麗なのは夏で間違いないが、私は冬の海が好きだ。夏は多くの人から必要とされているのに、冬になると誰も相手にしてくれない。そんな哀愁を冬の海からは感じてしまう。日本のサンタクロースは12月になると子供達からあんなに歓迎されるのに、1月になればすぐに忘れ去られる。そんなサンタクロースと似たようなものだろう。




続いて向かったのは「別府弁天池」だ。この池の特徴はその色にある。エメラルドのように輝いているこの池は日本名水百選にも選ばれている。ただ、すっかり周りが暗くなってしまったので、近くにあった神社で初詣をして、帰路についた。厄年が5人集まっていたが、何事もなく2023年最高のスタートが切れた。

Comments


bottom of page